自治体や商工会向け 地元企業がマスコミ取材される方法

2016-04-14

0017

 

自治体や商工会(商工会議所)は、限られた予算の中で講師を招いています。

講演やセミナーの開催目的は「公共のため」「多くの人に有意義な情報を発信するため」です。

私が出版した理由は「中小企業や個人とマスコミの懸け橋になるため」でした。

自治体や商工会の講演、セミナーは、それに通じるのです。

自治体や商工会が私を招いて情報を発信したら、全国の中小企業はきっと輝くでしょう。

そのために向けて、ご相談ください。

 

 

IMG_1152

 

また、これは長く新聞記者をした経験からですが、危惧していることがあります。

自治体の発信力の差が、それほど先ではない将来、自治体そのものの輝きを変えるのではないか、と。

 

 

これまでは、自治体を取材する記者に声を掛けるだけで記事になりました。

しかし、新聞社やテレビ局も省力化して、記者の数も減っています。

つまり、小さな自治体ほど、マスコミの取材網から外されていく時代なのです。

小さな自治体のニュースが近隣の県や全国で発信されなくなる。

そんなことはあってはならないのですが、新聞社やTV局は民間の会社ですから、取材の効率化を図るために、支局から廃止しなければならなくなるでしょう。

今後は、自治体の広報がパブリシティをしっかり学び、住民の生活や経済、取り組みをマスコミに伝えなければならない時代。

そのために、ニュースを選択する記者の「思考」を知って行動しなければならない。

そんな時代は間もなくやってきます。

 

 

 

自治体のパブリシティもアイデア次第なんです。

予算を付けて何かを実施する場合もそうです。

マスコミに大きく取り上げられた方が、その先の展開も変わります。

住民から「うちの自治体の広報が頑張っているよ」に喜ばれる自治体になってほしいと願っています。

それが、全国各地を活性化させるのですから。

 

 

マスコミ各社の経営事情に左右されないパブリシティを学んでください。

問い合わせはこちらからお願いします。

 

メディアコンサルタント 荒川岳志

kakko 1

 

お申し込みはこちら

依頼内容


Copyright© 2014-2017 メディアコンサルタント 荒川岳志 All Rights Reserved.